≡ CALENDAR ≡
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
 November 2017 
NEW ENTRIES
≡ PROFILE ≡
≡ CATEGORIES ≡
RECENT COMMENTS
≡ Search this site ≡
  
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
TRACK BACKLE
とらっくばっくる
とらっくばっくる

BLOGのポータルサイトですわ。気に入ったので暖かく見守りぃ。
LINKS
≡ RECOMMEND ≡
≡ OTHERS ≡


 
後先を考えず、楽しいほうへついフラフラしてしまふ
<< カルビー★レモンペッパー★夏季限定 | main | 凛のスペシャルラーメン★インスタント編 >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
 浅井健一との思い出★マル秘

浅井健一(以下ベンジー)・・・私が愛してやまないお方・・・。

数年前の5月29日
凛はベンジーとビリヤードしたラブ
夢のような時間だった。
あれから、会うことも無い(ライブは行ってるけど)。
ベンジーの歌詞に良く出てくるトルコ石のブルーのお洋服着ていた凛。
覚えてくれてはいないだろうか?
一般人とビリヤードすることなんてきっと無いから覚えてくれてるよ!と自分に言い聞かせて見たりする。
覚えてたからって、どうなののよ!って思ったりもする。
浅井健一
[愛知県名古屋市出身]

1990年より2000年までの10年間、孤高のバンド「BLANKEY JET CITY」
として活動。2000年7月9日横浜アリーナにて解散。
その後、以前ソロワークで結成していた「SHERBETS」として活動を
始め、同時期に独自のレーベル“SEXY STONES RECORDS”を設立し
活動の拠点となり、よりアーティスティックに世界を広げる。
2001年SHERBETS活動中にUAとバンド「AJICO」を結成し短期間では
あるが、また違った壮大な局面を魅せる。
そして2002年2月、SHERBETSは冬眠に入り、新バンド「JUDE(ユダ)」
を結成する。2枚同時アルバムリリースなどより勢力的に、そして自由に
今もなお活動中である。
また音楽以外の分野で、絵の才能も注目を浴びていて、以前発売された
【浅井健一作品集/「SHERBET Street」(画集、小説、BOOK MUSIC)】
〈完売〉は、芸術として素晴らしい作品になっている。
それと、詩集も2冊「1991〜1997」「1998〜2001」発表している。
まさに、時代や国境を越え描きだされる作品を創り続けています。
| 浅井健一 | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| - | 17:49 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kendama.jugem.cc/trackback/101
トラックバック